まる~にゃ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アクアプラスライブ&フェスタ08

一昨年、去年に引き続き、アクアプラスフェスタに行ってきた!
(一昨年は「うたわれ&ToHart2公開録音」だが)
今年はライブとの2本立て。7時間超の長丁場だ。
会場は厚生年金会館。席は2階席での参加。
 
ライブの出演はSuara上原れなを中心に、
ヒゲ独身こと小山剛志、ゲストにささら役の小野涼子、シルファ役の櫻井浩美
Suaraはなんか歌レベルがかなりアップしているように聞こえた。すげぇ。
上原は前回ではガッチガチの緊張しまくりで硬かったように見えたが、
今回はそんなことも無くスムーズに。
最凶小山剛志は持ち歌のすべて(2曲w)と、
なんと真面目な新曲「僕だけの旅路」(w)を。
ちなみにうたわれるもののテーマはなんと、ついに浪川大輔つき!
浪川さん、あなたの
観客含めた会場全員の「浪川、いりません!」を一身に受けたそのお姿
は忘れませんw
小野&櫻井は、こういった会場での歌が初めてで感激してた。
ちなみに櫻井はなんと段ボールを引きずっての登場が笑えた。
 
Suaraと上原れなだけで2時間持つのか!?と思ってたライブだったが、
かなり楽しい内容で大満足。
でも「WHITE ALBUM」から水樹奈々と平野綾は絶対に
出てきて歌ってくれると思ったんだが。残念。会場には来ていただけに。
来年は元田恵美や中山亜里沙とかもゼヒ加えてほしいですな。
 
そしてフェスタ。のっけから司会の小山剛志、浪川大輔コンビがバスローブで登場とは!
司会に小山剛志ということなのでお下品発言が出るわ出るわ。
きっとDVD、BDではピー入りまくりじゃろうて……
 
内容はToHerat2、うたわれるもの、ティアーズトゥティアラ、WHITE ALBUMの4作品の
出演声優によるトーク&最新情報公開+全員による生ドラマ+Suaraのミニライブ。
 
出演声優は
<司会> 小山剛志 浪川大輔
<ToHeart2>小暮英麻 小野涼子 櫻井浩美
<うたわれるもの>柚木涼香
<ティアーズトゥティアラ>大川透 石井真 中原麻衣
                 田中理恵 名塚佳織 (後藤邑子:ビデオ出演)
<WHITEALBUM>水樹奈々 平野綾

 
すげー豪華。小山剛志が「コレで一本作りたい」と言うほど豪華。
よくこれだけこの日に声優おさえられたもんだ。
ただ、小山力也が出なかったのがスゲェ残念だが……
それでもじゅうぶん柚木は爆発してたがw
 
途中、成績上位者にPSPがもらえる
「アクアプラス検定」なるクイズコーナーがあったのだが・・・
これが「今日の小山剛志の乳毛は何ミリ?」だの
「このあとの生ドラマの最初のせりふは誰?」だの
当てさせない気マンマンさが楽しかった。こんなもんわかるかあ!
 
この日でた最新情報関連は、
・PSP「ToHeart2 PORTABLE」発売決定。09年夏。PS2版にささらシナリオ追加。
・PSP「うたわれるもの PORTABLE」発売決定。09年春。PS2版に戦闘難易度追加。
・OVA「ToHeart2 adPLUS」発売決定。 全3巻。第1巻は09年4月24日発売。
・OVA「うたわれるもの」 09年6月発売予定。

このくらいか。
PSP「ToHeart2」は買うかも。
 
7時間があっという間に過ぎたイベントで、はじめは行くかどうか迷ったぐらいだったが
行って良かった、と満足できた。来年もまた行こう。
今回は一般販売で買ったから2階席だったが、来年はもっといい席で・・・
 
(エントリー中は敬称略してます)
 

こっちは去年
スポンサーサイト

テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

  1. 2008/11/30(日) 23:19:46|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャイアンツ、中学生相手に完封負け

G 0 - 3 HB
 
先発実松がオール枚方ボーイズの3番海部にHRを浴び、
2番手野間口もタイムリー3ベースなどで2失点。
それよりもとにかく野手の緩慢プレーが目立つ。
打線も寺内のショート強襲の1安打のみに抑え込まれ、完封負け。
チャンスは作ったものの、全力で走ればセーフという場面でチンタラ走りゲッツーなど、
とにかくこっちも緩慢プレー。
結果、3回を無得点でなんと中学生相手に0-3の完封負けを喫した。
(ちなみにオール枚方ボーイズは、中学生の全国野球大会ジャイアンツカップの優勝チーム) 
 
 
 
と、そんなエキシビジョンマッチもあったジャンアンツファンフェスタに行ってきた。
かつて「ファン感謝デー」に言ったことはあるがもう20年以上前の話。
今回も特に行くつもりは無かったが、なぜか自宅に招待券が送られてきたのだ。
送ってくるならもうちょっと早くしてくれれば、
事前申し込みの選手サイン会やらドーム見学ツアーやら
いろいろ行事に参加できたのだが。むぅ。来年はしっかり申し込んでおくか。
 
当日8時より入場券引き換えということで、6時30分にドーム到着。
すげぇ並んでる。やべぇ。試合でもないのにw
おまけに俳優出演のゴーオンジャーショーのヒーローショーの列まで一緒にできてる。
何万人いるんだ?こりゃわけわからん。
そんなこんなでどうにか並んでいると、7時くらいからか
早めに入場券引き換えが始まった。コレはうれしい。
7時半に引き換えて、会場時間である10時までマンガ喫茶でのんびり過ごす。
ちょっと早めの9時半にドームに戻ったが、またも入場列がスゲーことに。
まるでコミックレヴォリューションのごとく、細い列がどこまでもウネウネ続く。
なんとか入場したのは10時20分ころだったろうか。
もうグラウンドにはわんさか人が降りており、
サイン会やらドッジボールやらのふれあいイベントが開催されていた。
 
これらのほとんどは事前申し込みが必要であり、そして俺はそれをしていなかったので
フラフラ見学することに。でも初めて東京ドームのグラウンドに下りた。
思ったより人工芝は柔らかく、土の代用のチップがザラザラまかれていた。
とりあえず広めのスペースで ⊂(゜∀゜⊂⌒`つ≡ズサー!! とやってみた。
ちょっと痛いが貴重な体験で感無量。

いろいろ回っていると、出番待ちの選手などがいたりした。
とくに田中大二郎外野手は、こっちが色紙さえ持っていれば
サインをもらえるほどチャンスだったのだが、
もちろんそんなものはない。無念。期待の選手だったんだけどなぁ。
 
グラウンド開放が終わってからはファンも着席。
2階席の半分くらいまでは埋まっていたので3万7~8000人くらいか?
と思ったら、球団発表だと39556人だとか。おしい!だがいい読み。
かなり多くのファンが詰め掛けたものだなぁ、と感心しつつ、
小笠原の9月月間MVPと東京ドームMVPの表彰、加えて
山口と坂本の東京ドーム特別賞もの表彰式が。
その後は選手と参加者の運動会があった。
とりあえず内海がもうすっかりネタキャラになりつつあった。
冒頭で述べたエキシビジョンマッチ。先ほどは書かなかったが、
応援団がいつもどおりやっていたのが笑えた。
「ボーイズ倒せ、ジャイアンツ~」とかw
引退する村田の挨拶のあと、いよいよ新人選手発表会に。
期待の新星、大田は55を背負っての登場にドームは大歓声に。
「はやく55は大田、と言われるようになりたい」とコメント。
たしかにまだ55を見ると松井チックな気持ちが浮かび上がるが、
そこはコメントどおり、払拭させていただきたい。がんばれー!
でもこうやってファンフェスタで入団発表会というのは良いね。
これからはぜひ毎回やってほしい。
 
最後は監督挨拶、セリーグ優勝ペナントを持っての場内一週で〆。
思ったより遥かに楽しいファンフェスタだった。
来年はしっかり準備して、また行こう。

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/11/23(日) 22:18:24|
  2. プロ野球/巨人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

刑事貴族が!!

今週は日本シリーズ敗退でヘコんでいたのだが、
そんなオイラに衝撃の朗報が!
 
刑事貴族、DVD-BOX化!
 
ウオー!マジか!?マジなのか!!??
しかも発売日は11/21……来週じゃん!
俺の知るのが遅かったのだが、これはうれしい!
立ち直った!これは立ち直った!
 
刑事貴族は本放送のときから、毎週毎週死ぬほど楽しみに見ていた刑事ドラマ。
「全話録画」という行為をはじめて行った番組だ。
シブいトーンの舘ひろし、郷ひろみの「刑事貴族」、
コメディタッチな水谷豊の「刑事貴族2」「刑事貴族3」、全部好き。
 
でもちょっと待て……?何故いきなり「3」なの?
フツー「1」からじゃないの?
しかも「3」は、水谷豊に主演が代わった「2」からタイトルが変わっただけなのに。
あー、これはあれか。いわゆる「相棒」なのか。
「2」をBOX化すると話数から前編後編に分かれそう。
寺脇康文が出てくるのは「2」後半から。
しかし「3」であればはじめから寺脇康文は出ているので、
相棒ファンも取り込めると踏んだのか。
まあこれっきり「1」「2」はDVD化されません!とならなければいいのだが。
 
しかしDVDかよ~orz
どうせならブルーレイで出してほしかったなぁ。
ユーザーの数から仕方ないんだろうけど。
まあ「刑事貴族」ならDVDでも買うしかあるまい!
 

あ~、買い逃したら、お恥ずかしいったらありゃしない

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2008/11/16(日) 00:30:07|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

激動のストーブリーグ

日本シリーズも終わり、各チームの補強がはじまった。
今年のジャイアンツは去年の3外人、一昨年の小笠原ほどの動きはあるまい、と
タカをくくっていたのだが、別の意味で衝撃の動きが。
 
IN
M.中村 from 北海道日本ハム
工藤 from 北海道日本ハム
歌籐 from 北海道日本ハム
 
OUT
ニ岡 ⇒ 北海道日本ハム
林  ⇒ 北海道日本ハム
清水 ⇒ 埼玉西武
小坂 ⇒ 東北楽天
  
ニ岡に関してはシーズン中から日本ハムふぁんの友人、のっぽからさんざん
「お前のところの二岡、林、矢野はいらないだろ。くれ」としつこく言われていたところ
矢野以外、まさかの実現。さすがにあの事件で居場所は無くなったなぁ。
坂本の成長があったとしても、スンちゃんのあの成績なら
小笠原をファーストに回してサードを取ることもできたわけだし。
林は今年はリハビリ、来年から本格的にと考えていたが、プロは甘くないな。
たしかに西村なんか下に落ちて帰ってきたとき、前と同じどころかパワーアップしてたし。
プロである以上、こうでなくてはいけないのか。
ともあれ二人とも、ハムでは待望の右の強打者、左の中継ぎなので
がんばってください。ハム戦を観に行く楽しみも増える。
 
で、交換トレードとして入ってくるのはMAICHELことM.中村と工藤。
中村は言うに及ばず、工藤も観に行くとけっこう活躍していたイメージが強い。
セットアッパー補強で若手の誰かを先発にまわすことができ、上原の分を補充できる。
外野は激戦区だが、俊足好守備であれば出番はいくらでもできるだろう。
ともに期待大。そして負けないように生え抜きもがんばれ。
 
清水、小坂は出番を求めての金銭トレード。
確かにこのまま残っても、二人は出番がなさそうか。
だが二人とも腐らせるにはもったいない選手であるのは間違いない。
特に清水はDHのあるパリーグなら出番もありそうなので良かったか。
長年ジャイアンツを支えてきた選手だけに寂しいが。
活躍は祈るが、西武ということは来年の日本シリーズの目標なので
活躍はCSまでにしておいてください……
小坂は出身地に戻るのか。せっかくの超守備力も、今はショートは坂本を育成中なので
仕方なしか。楽天の層が厚くなるのも球界にとってはいいことか。
 
これで背番号は6、7、9、13が空く。
大田、坂本が入るのかな、と思ったが大田はなんと55だという。
M.中村が13あたりか?この辺も面白い。
 
非ジャイアンツとして面白いのはドラゴンズ中村ノリのFAでの日本ハム移籍の
話がとりだたされはじめたところ。実現するとニ岡、稲葉、中村の強力クリーンアップが
実現するのか。あの貧打のハムが……これはぜひ実現してほしいなぁ。
 

こっちは笑撃の病院!!

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/11/16(日) 00:11:18|
  2. プロ野球/巨人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

完敗!日本一奪回は来年へ

G 2 - 3 L
ライオンズ4勝3敗
 
埼玉西武ライオンズ、2008年度日本一!!
 
⇒闇の魔導師(仮)日誌  祝!ライオンズ2008日本一  
 
ライオンズの皆さん、ライオンズファンの皆さん、おめでとうございます。
くくく、悔しい~! が、それだけライオンズが強かった。
パ・リーグでも1位優勝なのでまさに文句なしの真・日本一。これは16年ぶりか。
 
ついこの前「打中心の西武なら怖くないがそつない野球の西武なら怖い」と書いたが、
最終決戦ではまさにその「そつない野球の西武」だった。
8回の同点、まさにコレ。ノーヒットで1点。すげえなオイ。
それと、しつこいくらいに書いているが先発投手が本当に良かった。
最終戦なんて2回1アウト以降パーフェクトゲームをやられたのだ。
MVPの岸をはじめエース涌井、今年は何度も見た帆足、ベテラン石井。
やっぱり西武の真の強さはここだろう。石井はともかく、前者3人はまだまだ若いので
黄金時代を築けるだけの素質はあるんじゃなかろうか。
もちろんパ・リーグだけにしてほしいところだが。
 
それにちょっと面白い現象が。
アジアシリーズ出場4チーム中、3チームが「ライオンズ」の名前なのだ。
さしずめ「ドキッ!ライオンズだらけの野球大会」とでも言ったところかw
埼玉西武のライオンズは、ジャイアンツに勝ったのだから
ぜひ全勝優勝できるようがんばってください。
 
さてジャイアンツだ。あと2イニング届かなかった。メイクレジェンドは第2段階で終了。
中継ぎ陣ではじめて打たれたタイムリーが決勝点になってしまった。なんと言う皮肉。
とはいえ野球はミスしたほうが負ける。これ絶対。
8回の先頭打者、片岡にデッドボールを与えたこと、
そして同点から中村との勝負を避けたのに、その後の野田を歩かせたこと。
たぶんこれらがなければ勝っていただろう。しかし西武は見逃さなかった。
ただ、越智はここまで立派に投げた。コレは誇っていい。なんせ実働1年目なのだ。
この失敗を糧にして、来年更なる活躍を見せてほしい。山口も、HRを打った坂本も。
それにわずかの出番ながら手痛い失敗をしてしまった寺内もだ。
隠然、加治前といい、来年以降も本当に楽しみな人材だね。
 
最後の最後に力及ばず、負けちゃったけど、ジャイアンツは本当にがんばった。
今年は補強組、ベテラン、若手がすべて融合してリーグV2、
そして日本シリーズ3勝+7回までこれた。
13ゲームも逆転したし、CSは去年の雪辱を果たせた。
これらはすべて、ファンにとっても誇りなのだ。
 
07年はリーグ優勝、08年はCS制覇ときたのなら
次09年こそライオンズに勝って日本一奪回と行きましょう。
ともあれ今年もありがとう & お疲れ様でした!
 
 
◆2008年度観戦戦績◆
31試合18勝13敗。
(セントラル・リーグ優勝、クライマックスシリーズ優勝、日本選手権シリーズ敗北含む)
 
◆おれ個人的表彰◆
最優秀選手 アレックス ラミレス外野手
優秀選手 小笠原 道大内野手
優秀選手 木村 拓也内野手
優秀選手 鈴木 尚広外野手
優秀選手 越智 大祐投手
新人賞 山口 鉄也投手
 
これにて2008年度、プロ野球全日程終了!
おつかれさまでしたー!

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/11/11(火) 02:25:38|
  2. プロ野球/巨人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

立ちはだかる岸の壁! 決着は最終戦へ

G 1 - 4 L
3勝3敗
 
さすがパ・リーグの完全覇者。簡単には勝たせてもらえない。
 
ともかく岸にやられた。
140球以上投げた投手の中二日とは思えない見事なピッチング。
10安打を放ちながらも、とにかくあと1本が出なかった。
先発の帆足を含め、実に7,8回以外は毎回チャンスだったのだが。
寺内の送りバント失敗⇒ゲッツーはかなり痛かった。
ラミレスが好調だっただけに、とにかく前にランナーを出せなかった。
とにかく攻めきれなかった第5戦の西武と似たような結果に。
 
先発の尚成も最悪だった。完全に自滅。
フォアボールを連発し、満塁で平尾にタイムリーツーベース。
これじゃ勝てない。
しかしそれ以降の投手は西村が平尾に1発を浴びたものの、
それを含めても7回1失点。素晴らしい。
後ろが良いだけに、先発がもう少しがんばらないといけんね。
なんだったら始めっから中継ぎオンリーでリレーしても良いんじゃないか?
などと思ったりする。それくらい後ろが良いのに先発が頼りない……
 
しかし西武の先発は良い。本当に良い。
なんだかんだで帆足からは1点しか取れず、岸はもう……
さすがに最終決戦である明日には岸の登板はないのがせめてもの救いか。
俺の中では西武は「打のチーム」ではなく「先発のチーム」に認識を改めました。
明日は西口か……捕らえられるか!?
 
先発 L > G
後ろ G > L
打線 G = L
 
まあこれで3勝3敗のタイにはなったが、明日はS指定、しかも前から2番目だ。
今まで野球を観に行ってトップクラスにいい席だ。そう思えば悪くない。
 
今年の観戦戦績、18勝12敗。
ついに最終決戦、11/9! 最後は内海vs西口!
 


俺たちはいつもギリギリで踏ん張ってきたんだ!
10・8を制したときも! 13ゲームを返したときも!!
ギリギリまで粘って勝利を勝ち取ったんだッ!!
やってやるよ! 何度だってなぁッ!!

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/11/08(土) 23:23:44|
  2. プロ野球/巨人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

王手! 最強の中継ぎの活躍!!

L 3 - 7 G
ジャイアンツ3勝2敗
 
鮮やかな逆転勝ち!
6回まで涌井をまったく打てずにいたのだが、
中継ぎが踏ん張って踏ん張って踏ん張って、
7回に怒涛の5連打!ついに涌井を捕らえた!
どこの新聞もスポーツニュースも言っているが、ラミレスの走塁が良かった。
ただのセンター前ヒットがベースに当たって、ちょうど誰もいない空間へポトリ。
ラッキーだ。本当にラッキーだった。これも大きかった。
ただこの走塁の際、オーバーランしてタッチアウト……に見えるのだが判定はセーフ。
実際に足が離れている写真もあるが、ラミレスがタイムをかけた後、という話もある。
真相は闇の中……でもさすがにこれはビデオ判定でもないとわかるまい。
片岡もまったく抗議しなかったので、タイム後か?
仮にアウトだったとしても、その後に続く
慎之助のタイムリーヒット、
亀井のツーベース、
スンちゃんに代わっての脇谷のタイムリースリーベース、
坂本のエラー帳消しのタイムリーツーベース。
実は涌井は初回から野手の正面はつくがいい当たりは連発されていて、
ここに来てコントロールが落ちたところを合わされたようだった。
ラミレスは心理的影響はあったかもしれないが、
アウトだったとしても十分逆転できていたと思われる。
正直慎之助のタイムリーが出るまでは負けを覚悟していたが。
いやいやあきらめたらいけんね。
 
さらに9回の谷のシリーズ初ヒットとなるタイムリー、
そして尚広のシリーズ40年ぶりのスクイズでとどめ!
いや~、前半フラストレーションがたまっていたG党としては喜び爆発ですな。
 
でもこれも、あの中継ぎ陣あってのこと。
涌井を打ちあぐねてなかなか追いつけないながらも、
山口、西村、越智、彼らが打たれるわけがない!と、
ピンチになっても安心してみていられた。本っ当~に成長したなぁ。
まあ実際は中島の離脱も大きかったのだろうが。
 
昨日はあれほど感じていた寒さも、この日はまったく感じなかった!
ようは気合、ってこったろ。とどなた様も言っていたっけな。
打順の組み替え、調子の悪い上原の見切りなど、原采配もズバスバ当たりまくり、
恐れるものなど何も……なくはないが、ない!ということにする。
さあ東京ドームで胴上げだ!!
 
今年の観戦戦績、18勝11敗。
11/8、メイクレジェンド完全版、完成なるか!?
 

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/11/08(土) 01:26:47|
  2. プロ野球/巨人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

試合も気温も寒いぜ~

L 5 - 0 G
2勝2敗
 
気持ちいいくらいの負けっぷり。
西武の先発岸に完璧に押さえ込まれた。
観ていて、まるで打てる気がしなかった。
涌井といい帆足といい、西武の先発投手は若い&強い、で
強固な投手王国を築けるのではなかろうか。
(先発がしっかりしていればある程度押さえがアレでも・・・)
 
さてこちらの先発グライシンガーだが、初回の1失点はともかく、
中村に食らった2発は中島に当てたにもかかわらず
謝罪しないその態度に天罰が下ったといってよい。

なぜ謝らない!?グラの主張は「わざと当たりに来たのに睨まれた」らしいが
そもそも当たるところに投げるのが悪い。反省せい!
まさか日本シリーズで乱闘寸前になろうとは……
結局交流戦の相性の悪さがそのままに敗戦。
まあ負けるならここか、とは覚悟していたので仕方ないが、
これを取れれば大きかったのになぁ。
 
そういえば昨日懸念していた入場者数が、この日はほぼ満員だった。
やはり胴上げの可能性があるというのが良かったのだろうか。
ここから先はもうすべてそうだけど。コレなら第5戦も入るかな?
 
それにしても寒い。気温が。試合内容もそうだったが。
これは所沢がどうこうではなく、11月にやること自体が間違いなんじゃないだろうか?
球場の前にツリーイルミネーションがあるのだが、
それがまたいっそうクリスマス的に寒さをアシストしているようにも見えたのだ。
(コレが悪いわけではないけど)
 
今年の観戦戦績、17勝11敗。
ドームで胴上げだ!
 

こっちもミラクル逆転劇

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/11/06(木) 13:45:05|
  2. プロ野球/巨人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いろいろ問題のあるシリーズだな

L 4 - 6 G
ジャイアンツ2勝1敗
 
ライオンズについては散々恨み言を書いたので、いったんここで忘れることにする。
マイナスベクトルな気持ちで野球を観るのはもったいないし。
ただ、次またやったら本気で消滅を願う球団になるとは思うが、それはそのときの話。
 
第3戦は会社帰りに観戦。
定時ダッシュで駆けつけたのだが、すでに3回裏、0-4で
もう「決まっちゃった後」だった。
実際はその後4点を取られてはいたのだが、
終始楽勝ムードだった。
……本当に途中からの観戦だと既に勝負がついている試合ばっかりだ。orz
 
初回から3回までは行きの電車の中で、PSPワンセグで観戦。
電波が入らないことこの上なかったが、かろうじて状況は確認できていた。
 
3球で先制、2アウトから尚広の3ラン、ラミレスの中押しHR、
追い上げられてから、とどめのガッツのHR。
好調の中島にシリーズ初のタイムリーを許し、中村に3ランを食らったものの
それほど心配になるような失点内容でもなかったので良いといえるでしょう。
中村に一発が出たので今後が怖いか、というとそうでもなかったりする。
ラミレスも言っていたが毎試合HRが打てるわけではないし、(説得力ねぇ~)
あの低打率ならチャンスでも打てまい。一番怖いのはやはり中島。
彼は第1戦からずっと好調なので、これ以上にはなるまい。
HRを許した西村も逆転まではされなかったし、
なんと言っても越智がまたいい投球だった。
西武打線は右バッターが多いから、もう山口の出番はないかもしれん……
クルーンも2点差なので安心して観れた。3人で片付けたので完璧OK。
3戦目にしてようやくジャイアンツらしい戦いになったと思えた内容でしたので満足。
 
2勝1敗になったこともあるが、これで俄然勝てるような気がしてきた。
従来のそつない野球の西武だったら負けるかもしれないと思うが、
守備はザル、打線も一発狙いオンリーでつなぐ意識がまったく見えないので
すげぇ気が楽。とくに中村の4番はありえないと思う。
6~7番だったらものすげぇイヤだったが、4番、特に好調中島の後だからすごく助かる。
まあこれはGG佐藤が故障してしまった所為なのだろう。むぅ。
それはこっちも由伸や慎之助が怪我なワケだからお互い様か
 
しかし気になることが二つほど。
まず誤審が多い! 尚広の内野安打判定と佐藤のフェア判定だ。
とにかく今年は「HR取り消されて負けた」経験があるだけに
マジで誤審は勘弁してほしい。
この誤審は試合結果に影響を与えるものでもなかっただろうが、
これで「ジャンパイア」だのアンチが勝敗に結びつけるのだから鬱陶しいことこの上なし。
渡辺監督をはじめ西武ナイン、ファンも気持ちのいいものでもないし。
後味の悪い要素となってしまった。
 
もうひとつ、もっと深刻な問題点は球場ガラガラ!
日本シリーズで満員にならないって何!?
東京ドームも満員になっているし(当たり前だ)、
視聴率は19%とテレビ終焉後の時代においてはかなり好調だ。
ということは注目は集めても「球場に行くのが面倒」ということしか考えられん。
巨人とのシリーズで満員にならないってことは、
あとは阪神とのシリーズくらいしか満員の可能性はないのか?
球団のフロントはもう少し何とかしろよマジで……
 
人気スポーツ調査
http://www.crs.or.jp/pdf/sports08.pdf
 
コレを観ても、西武より人気のないと思われる
ヤクルト、横浜、千葉ロッテ、オリックスだって満員にはできるだろ。
実際平日神宮での巨人の優勝決定戦、
ヤクルト応援団のライトスタンド以外は巨人ファンで埋まったんだし。
交流戦のとき、西武の応援団が「地獄に落ちろジャイアンツ」的なコールをしていたが、
今回のことを見ると不人気は巨人は関係ないレベルに達していると思うのだが……
他人の所為にしたい気持ちはわかるが、正直迷惑なのでやめてほしい。
自業自得。間違いなく原因は西武のフロントだ。
西武ドームを改造しているのは見ているが、本拠地移転以外の改善は無理でしょう。
埼玉内でどこかに移らんものか……
 
今年の観戦戦績、17勝10敗。
今日のグライシンガーで勝てればリーチ!
 

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/11/05(水) 14:21:19|
  2. プロ野球/巨人
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ラミレスサヨナラHR!! だが・・・

G 3x ー 2 L
1勝1敗
 
本来なら第1戦を先に書くべきだが、
とても負の感情が強いので先にこっちを書く。
 
まず試合だが、尚則も好調で中島に食らった2ラン以外は
ほとんど問題なし。ナイスピッチ。
さらに良かったのが西村、越智。完璧だ。
ライオンズに対して決定的に中継ぎは優位だな、と感じさせてくれた。
一番期待できる山口の出番を待たずにコレだ。すばらしいね。
第3戦以降、ライオンズ打線も黙ってはいないだろうけど、
堀内時代には考えられないほどの充実ぶり。
たぶん12球団で最も良いかも。(抑えはともかくw)
 
打線の方はあと1本が本っ当~にでずやきもきした展開だった。
2回にノーヒットで先取点を取ったのは良かったけど。
ブレーキだったラミちゃんが最後に打てて、
気持ちよく休みを挟んで次にのぞめそう。
 
相手は中島がやはり驚異。
途中まで「このままシリーズが終わったら彼がMVPだな」とさえ思わせた。
 
ここまでは普通の感想。
ここからは負の感情による感想。
 
生まれて初めて、相手球団に対して軽蔑の感情を持った。
4死球。なんだあれは。ふざけているのか!?
ネットでは誰々のは避けれただろ、などという意見もあるし、
スポーツニュースで見たら実際そう思えるのもあった。
でも、体に当たる箇所に投げているのは事実だ。
故意ではないのは判っている。インコースを攻める必要性も理解する。
怪我をさせてしまう場合もあるが、仕方ないと思っていた。今までは。
だがライオンズの投手陣は立て続けに4つ出した。
いくらなんでも多すぎるだろう。
ペナントレースで1イニング3つというのもあっただけに、
怒りと言うよりは軽蔑する。マジで。いい加減にしてください。
そんなにコントロールが悪いなら、インコースなんて投げないでください。
というよりマウンドに上がらないでください。
キャッチャーも、そんな投手にインコースを投げさせないでください。
せっかくの日本シリーズなのに、超低レベルな、
しかも怪我の危機まで見せられて本当に不愉快です。
こんなチームと試合したくない。
 
これで負けてたら、もっと負の感情が沸いてしまうとこだったが、
その辺はかって良かったし、幸い小笠原も打撲ということなので
次の試合は明後日ということもあって問題ない・・・と思う。
 
でもまたあのノーコンチームとやるのか。
こんなことなら真の日本シリーズじゃなくても、
日本ハムとやりたかったよ。
 
今年の観戦戦績、16勝10敗。

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/11/03(月) 00:18:05|
  2. プロ野球/巨人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

まるにゃ~ん

Author:まるにゃ~ん
読売ジャイアンツをこよなく愛する
ジャビット科のウサギ。
ゲームクリエイターなどもやってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。